ごあいさつ

当施設は、昭和42年、全国で3番目に開設された重症心身障害児施設『砂子療育園』として、重い障がいをもたれる方々への療育を開始しました。その後、長い歴史の中で、障がいに対する社会の考え方の変化や、医療、福祉の進歩に合わせ、より質の高い医療と福祉サービスを総合的に提供する施設として、平成22年1月に『西宮すなご医療福祉センター』と改称し、新たに医療型障害児・者施設としてスタートしました。
当センターは180床の入所部門(医療型・療養介護型)と、外来診療・療育、リハビリテーション、生活介護および放課後等デイサービス(重症児)事業(『つばさ』)、短期入所、訪問看護・介護(『つくし』)、相談支援などを運営する地域支援部門をもち、地域に密着した総合医療福祉施設となっています。

『人が人として人とともに豊かに生きる』

これは、当センター法人本部の掲げる理念です。
私たちは、この言葉を胸に、障がいをもつ、もたないに関わらず、この世に生を授かった後は、社会の一員として地域にしっかりと根をおろして、実り多い豊かな人生を送ることに少しでもお役に立てるように、事業を行っていく所存です。
当センターは、重症児者のための施設としては、交通至便な町中にあり、西宮市をはじめ、尼崎市、芦屋市など近隣の市町村にお住まいの多くの皆様に利用いただいています。近隣にお住まいの方はもちろん、医療施設や福祉施設の方々の利用をお待ちしております。

西宮すなご医療福祉センター
院長 田中勝治


TEL:0798-47-4477

〒663-8131 

西宮市武庫川町2−9 

 

外来診療の問い合わせは

こちらをご参照ください

 

★2017年度の放課後等デイサービスねっこ SSTクラス利用の募集を行っています。

こちらをクリックしてください。

 

Recruit!

★重度の障害児者のためにあなたのスキルを生かしてみませんか?