田中勝治(院長) 


昭和63年 大阪市立大学医学部卒

平成6年 大阪市立大学大学院医学研究科卒 医学博士

日本小児科学会専門医、日本小児神経学会専門医、日本てんかん学会専門医

 

大阪市立大学小児科にて、自閉症やADHDなどの発達障害の診療に携わってきました。発達障害以外にも、てんかんなど小児神経疾患の幅広い診療経験を持ちます。

 

服部英司(センター長) 


昭和55年 大阪市立大学医学部卒 医学博士
日本小児科学会専門医、日本小児神経学会専門医、日本てんかん学会専門医
日本臨床神経生理学会認定医(脳波分野、筋電図・神経伝導速度分野)

 

大阪市立大学小児科(現在、非常勤講師)にて、小児てんかん、神経・筋疾患など幅広く小児の神経疾患の診療に携わってきました。

障害をもつこどもさんの在宅医療にも積極的に取り組んでいます。脳波や脳磁図、画像診断を得意としています。

 

蘆野二郎(副院長) 

 

昭和62年 兵庫医科大学卒
平成6年 大阪市立大学大学院医学研究科卒、医学博士

長年、重症心身障害児の医療に携わってきました。本センターの入所児・者の医療に熱心にとりくんできており、重症児・者の抱える種々の問題の解決に努力しています。

 

松下彰宏(医療部長)

昭和59年 自治医科大学医学部卒業

前 大阪府健康医療部健康づくり課長。大学卒業後、大阪府庁に所属して、行政の立場から疾病予防、健康づくりや障害者福祉の仕事をしてきました。この間、小児科を中心とした臨床研修、アレルギー専門病院や知的障害者施設での勤務、重症心身障害児者施設「すくよか」のお手伝いなどをしておりましたが、平成22年4月からすなごの仲間に入れていただいて、在宅をふくめ重症児の支援をすすめていきます。

渡邊早苗(診療科長)

平成11年 大阪市立大学医学部卒
日本小児科学会専門医

大阪市立大学小児科にて、小児科と小児神経学の研修および亜急性硬化性全脳炎(SSPE)の研究をした後、静岡てんかん・神経医療センターにて、てんかん診療に3年間携わってきました。重症児・者のリハビリに興味をもっています。 
 

山元 康敏 (診療科長) 

 

 

宮部 由利 (非常勤) 


 兵庫医科大学病院

 

 

TEL:0798-47-4477

〒663-8131 

西宮市武庫川町2−9 

 

外来診療の問い合わせは

こちらをご参照ください

 

★2017年度の放課後等デイサービスねっこ SSTクラス利用の募集を行っています。

こちらをクリックしてください。

 

Recruit!

★重度の障害児者のためにあなたのスキルを生かしてみませんか?