2019年

7月

07日

7月7日七夕ランチ&おやつ

今年の七夕はジメジメと蒸し暑い一日になりました。

 

皆様はどんなお願い事をされたのでしょうか。

七夕のランチ&おやつメニューをご紹介します。

 

 

【 ランチメニュー 】

わかめご飯

肉じゃがコロッケ

はものテリーヌ ~梅肉ソース~

3色そうめん

ライチゼリー

【 おやつ 】

キラキラソーダゼリー

ソーダゼリーとヨーグルト

2019年

6月

30日

ボランティア感謝の集い

当センターは、大変多くのボランティアの方からご支援、ご協力をいただいています。

 

その感謝として、6月15日(土)に「ボランティア感謝の集い」を開催しました。

毎年開催していますが、今年度は当センター改修工事のため、会場を尼崎市中小企業センターに移して行いました。

 

当日は雨にも関わらず13グループと個人を合わせた58名の方がお越しくださいました。

昼食を召し上がっていただきながら、ボランティアの方からのメッセージコーナーや、当センター利用者さんの様子をスライドでご紹介するなど、和やかな雰囲気で行われました。

 

後半は、ゲストにソプラノ歌手の薮田正子様、ピアノ演奏の小林由季子様をお招きし、ソプラノコンサートを行いました。

会場全員で「川の流れのように」を歌い、最後にはアンコールも起こるなど、ボランティアの皆様に楽しんでいただけたと思います。

 

ちなみに、ボランティアの皆様へのプレゼントとしてクッキーとキーホルダーをお渡ししましたが、キーホルダーは当センターの利用者さんが作成した物、また手提げ袋に添えたメッセージカードも利用者さんが色付けした物をご用意させていただきました。

利用者さんは当日の参加はできませんでしたが、感謝の気持ちが込められた素敵な品で、ボランティアの皆様も喜ばれていました。

  

イベントの前には強く降っていた雨も終了する頃には上がり、青空も出ていました。

皆さんの足元やプレゼントが濡れてしまわないよう、お天気も見方をしてくれたかのようですね。

 

ボランティアの皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。今後も引き続きご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。

2019年

6月

28日

6月の行事食

 

今年は梅雨入りが遅く、

観察史上最も遅い1958年6月25日を61年ぶりに更新するのではないかと言われています。

 

献立メニューを考えていた数カ月前は、雨による湿気の多さを想定し、さっぱり食べて頂ける食事を考えていましたが、実際は涼しく過ごし易い日々になりました。

2019年

6月

20日

第1回「一緒に学ぼう、性のこと」(思春期までの性教育)を開催して

 6月15日(土)に当センター大会議室にて、発達障害児等の支援者や保護者を対象にした思春期までの性教育についての講演会を開催しました。

 

 講師には、京都市立総合支援学校の平木真由美先生をお招きし、日頃なかなか聞くことのできない「性」に対しての基礎知識や子どもたちへの伝え方の工夫について学びました。

 参加者の多くは支援者で、質疑応答でも日々の支援の中でどう伝えたらよいのか、また異性介助についての問題などについての質問もあり、関心の高さが伺えました。

 

また

「性教育について学ぶ機会が少ないのでとても有難い」

「職場で共有し、性についてもっと知見を深めていこうと思う。大変勉強になった。教材を見せてもらってわかりやすかった。」

などの意見も多く聞かれました。

 

 7月20日(土)の第2回では、思春期以降の性教育についてお話しして頂きます。

 

2019年

5月

14日

一緒に学ぼう、性のこと

人が成長する上で、とても大事な事の一つとして性教育があります。

 

性教育について悩んでおられる方、発達障害児者に関わる保護者、支援者の方を対象とした講演会を2回シリーズで開催いたします。

 

<日 時>

 第1回目 令和元年6月15日(土)10:001200(受付9:30~)

 第2回目 令和元年7月20日(土)10:001200(受付9:30~)  

<講 師>

 平木 真由美 氏(京都市立総合支援学校 非常勤講師)

 

<会 場>

 西宮すなご医療福祉センター 5階 大会議室

<対象者>

 発達障害児者に関わる保護者及び支援者

<定 員>

 40名程度

 申込多数の場合、一施設の参加人数を調整させて頂く事もございます。

<参加費>

 無料

 

<お申し込み方法>

 下のチラシをダウンロードしていただき、申し込み用紙に必要事項をご記入の上FAXまたは電話でお申込みください。

<お申込み締め切り>

 令和元年6月7日(金)

 ※定員になりしだい締め切らせていただきます。

<お問い合わせ>

 西宮すなご医療福祉センター 相談支援課 担当:岡山 ・中島

 TEL 0798-47-9959 (9:0017:00対応可能) 

一緒に学ぼう、性のこと.pdf
PDFファイル 362.5 KB
申込用紙.pdf
PDFファイル 367.4 KB

2019年

5月

05日

「子どもの日」の行事食

55日はこどもの日。

昼食はこどもの日らしいメニューをお出ししました。

 

【 献立 】

ハッシュドビーフオムライス

チーズサラダグリンピースポタージュ

こどもの日ゼリー

こどもの日は1948年に制定された「国民の祝日法」です。

日本国民の子どもたちが健やかに育つことをお祝いして、国民全体の祝日として定められました。

 

55日は、古来は「端午の節句」という男の子の健全な成長を願う日だったので、今でも男の子が主な対象とされやすいですが、法律で定められた「子どもの日」とは本当は男女どちらの子どもも対象となる日とされています。

2019年

4月

24日

新リハビリテーション室開所式

 

417日(水)、アートバルーンが飾られ、とてもかわいらしい雰囲気の中、当院関係者、工事関係者によるリハビリテーション室の開所式を行いました。 

 

当日出席できなかった院長に代わって副院長から、新フロアのコンセプトや今後もリハビリテーションの内容と質の向上を目指すとの挨拶がありました。

 

リハビリスタッフからは関係者への謝辞と今後の抱負が語られました。

新しいフロアは、これまで病棟であった1階に設置され、外来利用者も使いやすくなりました。

また、機能的に訓練室を配置し、動線も安全に配慮されコンパクトになっています。

 

訓練室入口は、理学療法室はブルー、作業療法室はイエロー、言語療法室はグリーンと部門毎にテーマカラーを決め遊び心も隠されています。

 

以前と比べ、カラフルで明るい雰囲気となっています。是非一度ご覧下さい

2019年

4月

24日

ダウン症児のための赤ちゃん体操 ステップアップ学習会

当センターで赤ちゃん体操に参加されている方、就学前のダウン症児を育児中の保護者を対象に、子育てに役立つ学習会を全10回の予定で開催いたします。

 

< 日 程 >

第1回 『 ダウン症児の発達・足・靴について 』

    内容:ダウン症の歩行やインソールについてお話しします。

    日時:2019年5月15日(水)14:05~14:50

       (受付 13:50より)

    講師:理学療法士 中野誠心     

 

第2回 『 ダウン症児の発達と肥満について 』

    内容:小児内分泌や糖尿病、小児保健を専門としている小児科医が、

       甲状腺の病気のことや肥満の予防などについてお話しします。

    日時:2019年6月19日(水)14:05~14:50

       (受付 13:50より)

    講師:小児科医 稲田浩  

 

< 会 場 >

 西宮すなご医療福祉センター 6階活動室

 ※駐車場はご用意できません。近隣の駐車場をご利用頂くか

  公共の交通機関をご利用下さい。

< 参加費 >

 無料

< 定 員 >

 各日10名程度

< 対象者 >

 ダウン症児を育児中の保護者、どなたでもご参加いただけます。

 

 申し込み方法  

下の申込用紙をダウンロードしていただき、ご記入の上、お持ちいただくかファックス又は電話でお申込みください。 (受付の返信はいたしません)

 

< 申し込み締切 >

 各回1週間前

※参加者多数の場合は締め切らせていただきますので、ご了承ください。

 

< 問合せ先 >

 西宮すなご医療福祉センター 外来宛

 直通TEL0798-47-4303 FAX0798-49-9288

 E-mail:mail@sunago.or.jp

 

ステップアップ学習会.pdf
PDFファイル 464.6 KB
申込用紙.pdf
PDFファイル 399.3 KB

2019年

4月

04日

4月2日お花見弁当

 

今年の近畿のさくらは、平年並みかやや早めの開花となっているそうです。

4月7日に満開を迎えると予想されています。

 

センターでは、一足先にお花見弁当をご用意しました。

桜の香りを感じていただこうと、鯛めしの上には桜の花びらを飾りました。

おかずは木の芽やいちごなど春の食材を使用し、お弁当箱に詰めました。

 

おやつは桜の葉と花をイメージして『お花見ようかん』をご用意しました。

まだまだ冬の寒さが残る日が続いています。暖かな春が待ち遠しいです。

2019年

2月

20日

「発達検査を支援に活かそう」講演会のお知らせ

当センター臨床心理士による知的障害・発達障害児に関わる支援者の方を対象とした講演会を開催いたします。

 

< 日 程 >

 日時:2019年3月9日(土)10:00~11:30

    (受付 9:30より)

 講師:西宮すなご医療福祉センター 

    臨床心理士 坂本太一

< 会 場 >

 西宮すなご医療福祉センター 5階大会議室

 ※駐車場はご用意できません。

  近隣の有料駐車場を利用頂くか公共交通機関でお越しください。

< 参加費 >

 無料

< 定 員 >

 40名程度

< 対象者 >

 知的障害・発達障害児者に関わる支援者

 

 申し込み方法  

下の申込用紙をダウンロードしていただき、ご記入の上、ファックスしていただくか、電話でお申込みください。 (受付の返信はいたしません)

 

< 申し込み締切 >

 2019年3月1日(金)

※定員になり次第締め切らせていただきますので、ご了承ください。

 

< 問合せ先 >

 西宮すなご医療福祉センター 相談支援課 岡山宛

 直通TEL0798-47-9959 FAX0798-43-1022

「発達検査を支援に活かそう」講演会.pdf
PDFファイル 288.3 KB
申込用紙.pdf
PDFファイル 342.2 KB

2019年

2月

18日

2019バレンタイン

214日はバレンタインデーでした。

当センターでもバレンタインの行事食をお出しいたしました。

おやつは「生チョコプリン」でした。手作りピックとミントを添えました。

2019年

2月

04日

節分の日の行事食

 

23日は節分でした。

 

近年全国区になった「恵方巻き」に因み、当センターではちらし寿司や、魔除け」になるといわれている鰯を使ったさつま揚げなどの昼食でした。

 

おやつはとんがりコーンを鬼の角に見立てた「節分プリン」でした。

「節分」は本来季節が移り変わる節目を表します。

4回ある季節の節目の中でも立春は、特に1年の始まりとして尊ばれたため、節分と言えば次第に春の節分のみを表すようになったそうです。

 

節分の翌日は立春。まだまだ寒い日が続きますが、暦の上では「春」です。

 

少しずつ春の息吹を感じながら、この時期を元気に過ごしましょう。

2019年

1月

15日

元旦

新年明けましておめでとうございます。

2019年元旦のお節料理をご紹介します。

 

今年もお弁当箱にお節を詰めて彩りよく仕上げました。

おやつは『紅白祝いしるこ』です。

嚥下困難な利用者にも食べやすいように、お粥をミキサーにかけてお餅風に仕上げています。

 

今年も “見て楽しい”“食べておいしい”献立作りに努めて参りますのでよろしくお願い致します。

 

栄養科一同

2018年

12月

25日

利用者様のクリスマス

今年のクリスマスは、みなさん大好きなハンバーグをメインに準備しました。

 

はっきりした味付けが大好きなみなさん。

バターライス、ツナサラダ、コンソメスープも味がしっかりついているので、いつもより早く完食!! 

 

ケーキは各病棟のイベント日に合わせて提供しました。

2018年、大晦日の夕食は年越しそばを食べて1年を締めくくりました。

2018年

11月

08日

10月行事食

 

10月の行事食をご紹介します。

 

10月13日にはセンターの一大イベント☆療育祭がありました。

メニューはオムハヤシ・グリーンスープ・カラフルサラダ・いちごババロアです。

いちごババロアにはセンターのロゴマークを入れて可愛く仕上げました。

 

10月31日はハッピーハロウィンです。

おやつはハロウィンカップケーキです。

チョコマフィンの上にかぼちゃのクリームを絞り、カラフルスプレーと手作りピックを飾りました。

 

 

これからの季節、クリスマスに冬至、年越し、お正月・・・と行事が続きます。お食事を通して皆様に素敵な演出をしていけたらと思います。

2018年

10月

17日

学術集会に参加しました

第44回 日本重症心身障害学術集会(東京都)にリハビリテーション科の理学療法士の中野誠心 氏、第29回 重症心身障害療育学会学術集会(和歌山県)に4階病棟の生活支援員、リハビリテーション科の理学療法士が実践研究発表を行いました。

 

実践研究は、日頃の利用者様との関わりの一部に焦点を当て、原因・問題を探り解決策を導き出し実践していく、時間と労力のかかる専門性のある取組みです。

 

今回、第29回 重症心身障害療育学会学術集会(和歌山県)でリハビリテーション科の理学療法士が実践研究で発表したテーマ『 重症心身障害者の耳介褥瘡対策  』が読売光と愛の事業団より読売療育賞「敢闘賞」の授与を受けました。

 

 

2018年

10月

05日

敬老の日

9月17日の敬老の日は、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日」とされています。

 

ここ数年は敬老の日に行事食を行ってきていませんでしたが、せっかくの祝日なので、秋を堪能して頂こうとこの日の昼食は、松茸ごはん、さんまの塩焼きなど旬の食材を使い、おやつはおしるこを提供しました。

 

おやつは食べやすいと好評な全粥を餅に見立てている紅白しるこ

 

24日の十五夜の日のおやつは、満月とうさぎをイメージした十五夜ゼリーを提供しました。

2018年

7月

30日

7月行事食

7月の行事食をご紹介します。

 

7月7日(土)七夕ランチ

 7月7日は七夕です。

 利用者様の願い事が叶いますように・・・

 彦星と織姫のカードを付けて七夕ランチを提供致しました。

 おやつは天の川をイメージした七夕キラキラゼリーです。

 牛乳プリンの上にさっぱりとしたブルーハワイのクラッシュゼリー、そして甘夏のお星さまゼリーを飾りました。

 

7月20日(金)土用の丑の日

 今年の夏は猛暑を超えて酷暑と言われています。

 土用の丑の日といえば『うなぎ!!

 うなぎにはビタミンAやビタミンB群など、疲労回復や食欲増進に効果的な成分が多く含まれています。

 夏バテ防止にはピッタリの食材です。

 うなぎを食べてこの異常な暑さを元気に乗り切りましょう☆

2018年

5月

29日

平成29年度NHK歳末たすけあい助成

この度、平成29年度「NHK歳末たすけあい」の2次配分を受けまして

障害福祉サービスの生活介護事業である通所つばさで、

 ポータブル吸引器 3台

 足踏み式吸引器  3台

 手動式吸引器   3台

を購入することができました。

 

ポータブル吸引機3台は、送迎時に

足踏み式吸引機3台・手動式吸引器3台は、災害時などに活用させて頂きます。

 

ありがとうございました。

 

NHK歳末たすけあいホームページ

http://www.nhk.or.jp/event/tasukeai/index.html

2018年

5月

07日

5月5日は「こどもの日」

5月5日は「こどもの日」

 

子どもの幸せを祈り、健やかな成長を願う日です。

ちまきや柏餅を食べ、鯉のぼりや鎧甲を飾ります。

 

当センターの昼食は、利用者に人気の洋食メニューをお出ししました。

「ミートローフ」や「ポタージュスープ」、デザートに苺をお召し上がっていただきました。

 

2018年

4月

03日

4月3日お花見弁当

本日の昼食は『お花見弁当』を提供しました。

 

今年は全国的に例年よりも5日程早い桜の開花でした。

武庫川周辺の桜も、施設の中庭の桜も緑が見え始めています。

 

桜の花びらを散らした桜鯛めしと彩りよく仕上げたお弁当を持ってお花見気分を味わっていただけましたでしょうか?

 

暖かな空の下、利用者さん達はきれいに召し上がられていました。

 

おやつは「桜ミルクプリン」です。

2018年

3月

20日

3月の行事食は

3日の雛祭りは、ちらし寿司・若竹煮・菜の花のお浸し・桜そばのすまし汁。

一足早く春を感じる献立にしました。

おやつは、甘酒プリンを提供しました。

 

これまで甘酒を提供した事がなかったので、独特の匂いがするけど食べてくれるかな?と心配しましたが、みなさん上手に食べてくれていました。

 

14日のホワイトデー

おやつはいちご豆乳パンナコッタです。

こちらでも旬のイチゴを使ったおやつにしました。

2018年

2月

27日

外来音楽療法「otonaの為の音楽療養」参加者募集のお知らせ

 

対 象  者:重度心身障害者および知的障害者

募集内容:グループ音楽療法(第1.3または第2.4木曜日)

実施時間:重度身体障害者クラス 1530分~1620分(50分間)

       知的障害者クラス     1630分~1710分(40分間)

受  講 費:1ヶ月につき1,500

     (半年毎に徴収します。9,000円/6ヶ月)

定  員:35名程度

募集開始:2018312日(月)~ 定員になりしだい締め切り

     ※先着順

開講期間:20184月~20193月(半年クール)

場  所:西宮すなご医療福祉センター 6階活動室
指導担当者:甲陽音楽学院講師 堀 彩先生

備  考:必ずご家族の方やヘルパー同伴でお願いします。

     医療ケアが必要な場合、必ず付き添いの方にしていただきます。

     指導担当者は行なうことができません。

     料金は月謝制となります。

     保険や福祉サービスは適応外となりますので予めご了承下さい。

     クラス編成のため、体験受講をお願い致します。     

お問い合せ:西宮すなご医療福祉センター 相談支援課

      0798-47-9959(平日 9001700)

      お気軽にご相談ください。

otanaのための音楽療養(18歳以上の重度心身障害者の方).pdf
PDFファイル 668.3 KB
otanaのための音楽療養(18歳以上の知的障害者の方).pdf
PDFファイル 564.5 KB

2018年

2月

15日

❤バレンタインデー❤

2月14日はバレンタインデー

 

栄養科から愛をこめてお食事を作りました。

皆さんに愛が届きますように・・・

2018年

2月

08日

節分の行事食

2月3日は節分でした。

昼食は、恵方巻き代わりのちらし寿司、いわしのすり身を使ったさつま揚げや大豆のおろし和えなど、節分にちなんだメニューでした。

おやつは、大豆が原料の豆乳と、きなこを使ったババロアに黒蜜のジュレを乗せました。

 

節分が終わると「立春」暦の上ではもう春です。

まだまだ寒い日が続きますが、元気に過ごしましょう!

2018年

1月

11日

平成30年おせち料理

新年あけましておめでとうございます。

本年も利用者様に喜んで頂ける食事作りに努めて参りたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

栄養科

2018年

1月

05日

認知症サポーター養成講座

この度、当センターを運営する「社会福祉法人 甲山福祉センター」の主催で、「認知症サポーター養成講座」を開催いたします。

今回は会場が西宮すなご医療福祉センターとなっています。

 

認知症の人やその家族を見守り、支えるための学びに参加してみませんか?

参加費は無料です。

どなたさまでもお申込みいただけますので、お気軽にお問い合わせください。

 

※お問い合わせ、お申込み先は

 以下の「総合相談支援センター」になりますので、ご注意ください。

 

<日 時>

 平成30年2月17日(土) 1000~11:30(受付9:30~)

<主 催>

 社会福祉法人 甲山福祉センター

<会 場>

 西宮すなご医療福祉センター 5階 大会議室

<参加費>

 無料

<定 員>

 30名程度

<対象者>

 年齢問わず、どなたでもご参加ください。

 

<お申し込み方法>

 お電話にて受付いたします。 TEL:0798-71-2933

<お問い合わせ>

 社会福祉法人 甲山福祉センター 総合相談支援センター

 TEL:0798-71-2933

 担当:後藤、福永

認知症サポーター養成講座チラシ.pdf
PDFファイル 193.2 KB
0 コメント

2018年

1月

05日

公開講座『障がいをもつ方のお口のこと、たべること』

食べるという行為は、活動するための栄養を補給することであると同時に、とても大きな楽しみでもある、私たちの日々の生活に欠かすことができません。

 

この、当たり前のように行われている「食べる」は、口をはじめとする多くの器官が関わることではじめて成り立っています。

 

今回、この「食べる」という行為の成り立ちとその障害について、大阪大学医学部付属病院 口腔機能治療部の歯科医師である、田中 信和先生より講演いただきます。

 

また、口腔ケアの大切さ、口腔ケアを行うときのポイントについて、西宮すなご医療福祉センター非常勤 兼 芦屋市保育所・幼稚園・小学校の歯磨き指導を行っている歯科衛生士の松本 美紀先生からの講演もあります。

 

参加費は無料となっております、ご参加お待ちしております。

 

<日 時>

 平成30年2月3日(土) 14:00~16:30(受付13:30~)

<会 場>

 西宮すなご医療福祉センター 1階 地域交流スペース

<参加費>

 無料

<定 員>

 60名程度

<対象者>

 障害児者に関わる保護者、支援者

<お申し込み方法>

 下のチラシをダウンロードしていただき、申し込み用紙に必要事項をご記入の上、FAXまたは郵送してください。

 またはお電話にて直接お申込ください。

<お申込み締め切り>

 平成30年1月26日(金)

 ※定員になりしだい締め切らせていただきます。

<お問い合わせ>

 西宮すなご医療福祉センター 看護課

 TEL 0798-47-4477 (月~金曜日 9時~17時

 FAX 0798-47-1022 (24時間受付可能) 

 

障がいをもつ方のお口のこと、たべること.pdf
PDFファイル 1.2 MB
FAX申し込み用紙.pdf
PDFファイル 372.0 KB
0 コメント

2017年

12月

31日

12月の行事食

12月といえばクリスマス!!

当センターでクリスマス行事を行いました。

 

12月9日(土)通所利用者様のクリスマス会

通所つばさ職員同様、厨房職員も張り切ってお食事の用意をしました。

ツリー型をしたハンバーグに、エビフライ・・・

 

お弁当箱の右上の部分のお好きなデザートを詰めてもらい、お弁当箱をご自身で完成させてもらいました。

 

12月24日(日)入所利用者様のクリスマス行事食

カレーライスの上にパプリカ、カリフラワー、人参を使って星を浮かべました。

おやつは全病棟クリスマスケーキ

 

31日の夕食は年越しそばを予定しております。

 

来年もみなさまにとって良い1年でありますように。。。

0 コメント

2017年

11月

10日

感覚統合を利用した子どもへの支援

この度、当センター作業療法士の感覚統合を用いた発達障害児へのアプローチについて、長年指導をして頂いている篠川裕子先生をお招きし、講演して頂くことになりました。

様々な特性をもった子どもの行動を理解するための視点の1つとして、『感覚統合を活用した子どもへの支援』をテーマに豊富な経験を基にご講演いただきます。 

 

<日 時>

 平成29年12月2日(土) 10001200(受付9:30~)

<講 師>

 神戸大学大学院保健学研究科

 作業療法士 篠川 裕子氏

<会 場>

 西宮すなご医療福祉センター 5階 大会議室

<参加費>

 無料

<定 員>

 50名程度

<対象者>

 保護者と発達障害児に関わる支援者(事業所、保育・学校関係者)

 

<お申し込み方法>

 下のチラシをダウンロードしていただき、申し込み用紙に必要事項をご記入の上FAXまたは郵送してください。

 メールにてお申し込みいただいても結構です。

<お申込み締め切り>

 平成29年11月24日(金)

 ※定員になりしだい締め切らせていただきます。

<お問い合わせ>

 西宮すなご医療福祉センター リハビリテーション室 担当:米原

 TEL 0798-47-4556 (平日9:0017:00

 FAX 0798-47-1022 (24時間受付可能)

 

感覚統合を活用した子どもへの支援.pdf
PDFファイル 434.3 KB
FAX申込み用紙.pdf
PDFファイル 373.5 KB

2017年

11月

09日

10月行事食

10月はたくさんの行事がありました。

行事食をまとめてご紹介します。

 

まず10月4日のお月見です。

お月見といえば月見団子やすすきの飾りを思い浮かべる人が多いと思います。

十五夜を別名「芋名月」と呼ぶように、芋類の収穫を祝う行事でもあるため、里芋やさつまいもなどをお供えする風習もあるようです。

 

センターではゆかりごはん・つくね照り焼き・がんものなめたけ煮・さつまいもサラダ・デザートをお出ししました。

 

 

次は、当センターで一番賑わう行事『療育祭』です。

50周年記念ということで利用者の人気メニューを集めました。

 

メニューは、チキンライス・ハンバーグ・マッシュポテト・カリフラワーのポタージュ・カラフルサラダ・デザートです。

おやつはカラフルフルーツパフェです。

最後にハロウィンです。

お化けカボチャのプリンをお出ししました。

 

0 コメント

2017年

10月

10日

『発達障害 講演会』のお知らせ

この度、当センターでは療育等支援事業の一環と致しまして、下記の日程で講演会を開催致します。

 

当日は講師として、NPO法人DDAC(発達障害をもつ大人の会)代表の広野ゆい氏をお招きし、当事者としての体験や支援についてお話ししていただきます。

たくさんのご参加、お待ちしております。

 

 

<日 時>

 平成29年12月2日(土) 14001600(受付1330~)

<講 師>

 NPO法人DDAC(発達障害をもつ大人の会)

 代表 広野 ゆい氏

<会 場>

 西宮すなご医療福祉センター 1階 地域交流スペース

<参加費>

 無料

<定 員>

 80名程度

<対象者>

 発達障害児者に関わる支援者(事業所、学校・保育関係者等)保護者

 ※託児はございませんのでご了承ください。

<お申し込み方法>

 下のチラシをダウンロードしていただき、申し込み用紙に必要事項をご記入の上FAXまたは郵送してください。

 直接お持ちいただいても結構です。

<お申込み締め切り>

 平成29年11月24日(金)

 ※定員になりしだい締め切らせていただきます。

<お問い合わせ>

 西宮すなご医療福祉センター 相談支援課 担当:中島・岡山

 TEL 0798-47-9959 (9:0017:00対応可能)

 FAX 0798-47-1022 (24時間受付可能)

きちんと知ろう 発達凹凸.pdf
PDFファイル 331.3 KB
FAX申込み用紙.pdf
PDFファイル 358.8 KB

2017年

9月

24日

「わくわくふれあいコンサート」をおこないました

9月9日(土)に、地域にお住まいの障がいのあるお子さまから、大人の方とそのご家族を対象に、わくわくふれあいコンサートを行いました。

 

合計34名の方が来てくださり、とてもにぎやかなイベントになりました。

 

最初に、牛乳パックやペットボトルなどを使って、手作り楽器を作りました。

絵を描いたりシールを貼ったり、一人ひとりのカラーの出た楽器がたくさん出来上がりました。

そして次は、

関西学院大学応援団総部吹奏楽部の皆様による「アンサンブルコンサート」

 

当日は良い天気だったため、中庭で演奏していただきました。

迫力のある金管楽器の音に大興奮。

森のくまさんやアンパンマンマーチなどのおなじみの曲に合わせて、手作りの楽器を鳴らしてセッションをし、楽しい時間を過ごしました。

今回ご参加いただいた皆様

素敵な演奏をしてくださった関西学院大学応援団部総部吹奏楽部の皆様

本当にありがとうございました。

 

 

これからも、皆様に楽しんでいただけるイベントを開催していく予定です。

ぜひご参加くださいね!

2017年

7月

29日

「わくわくふれあいコンサート」のお知らせ

 この度当センターでは、療育等支援事業の一環と致しまして、下記の日程で

「わくわくふれあいコンサート」を開催いたします。

 

当日は、関西学院大学応援団吹奏楽部の皆さんによるコンサートと、簡単にできる楽器の製作を実施します。

またできあがった楽器を使い、みんなでコンサートに参加します。

 

みなさんで一緒に楽しい時間を過ごしましょう!

たくさんのご参加、お待ちしております。

 

<日 時>

 平成29年9月9日(土) 10:0011:30 (受付 9:30~)

<演奏者> 

 関西学院大学 応援団吹奏楽部

<会 場> 

 西宮すなご医療福祉センター

<参加費> 

 無料

<定 員> 

 30組 (先着順)

<対象者> 

 地域にお住まいの障がいのある方(年齢不問) 

 ※必ず保護者とまたは支援者同伴でお越しください。

<お申し込み方法> 

 下のチラシをダウンロードしていただき、申し込み用紙に必要事項をご記入の上FAXまたは郵送してください。

 直接お持ちいただいても結構です。

<お申込み締め切り> 

 平成29826日(土)

 ※定員になりしだい締め切らせていただきます。

<お問い合わせ> 

 西宮すなご医療福祉センター 相談支援課 担当:岡山・中島

 TEL 0798-47-9959 (9:0017:00対応可能)

 FAX 0798-47-1022 (24時間受付可能)

 

わくわくふれあいコンサート.pdf
PDFファイル 402.2 KB
FAX申込み用紙.pdf
PDFファイル 358.0 KB

2017年

7月

17日

7月15日(土)通所「夏祭り」

梅雨も明け本格的な暑さを迎えています。

本日、通所(つばさ)の夏祭りが行われました。

 

お祭りということで屋台風のお弁当に仕上げました。配膳車も飾り付けをしました

0 コメント

2017年

7月

15日

七夕行事食

本日は七夕です。

あいにくの曇り空ですがセンターでは七夕行事食を提供しました。

 

昼食のメニューはわかめご飯・煮込みハンバーグ・冬瓜のえびあんかけ・3色そうめん・スイカゼリーです。

煮込みハンバーグの上には【天の川】を生クリームでイメージして赤パプリカと黄パプリカで星を飾りました。

おやつは『七夕キラキラ杏仁』です。

杏仁豆腐の上にクラッシュしたブルーハワイゼリーとオレンジで作った星のゼリーを飾りました。

 

皆様の願い事がかないますように・・・☆

2017年

7月

05日

創立50周年記念シンポジウムを開催しました

2017年7月1日、フレンテホールにおきまして創立50周年記念シンポジウムを開催いたしました。

テーマは「人が豊かに生きるを問う」重症心身障害児者施設が果たすべき役割。

基調講演では、医療福祉センターきずなの常石秀市院長から「これからの重症心身障害児者施設の役割~重症児者が豊かに生きるために~」という題で、現状や問題点、今後の見通しなどをたいへんわかりやすくお話ししていただきました。

続きまして、シンポジウムでは当センターの田中院長が座長となり、まず入所施設から当センターの谷口育成課長から、入所施設の役割や現在の取り組み、課題の発表がありました。

次に、在宅障害者の家族から、当センターの通所つばさご利用者のご家族、五味篤子氏より、在宅障害者の様子と取り組みの発表がありました。

3人目は地域コーディネーターの立場から、立命館大学産業社会学部の准教授、田村和宏氏から入所施設に期待する支援の発表がありました。

当日は196名の参加があり、たいへん熱気のこもった会となりました。

ご参加していただきました皆様、どうもありがとうございました!!

2017年

6月

30日

6月行事食

4日 昼食

6(ム)月4(シ)歯予防デイにちなみ、当センターの昼食も、グラタン、サラダ、くだもののメニューの中に、歯を丈夫にするカルシウム・ビタミンCの栄養素をたっぷり取り入れたお食事を提供しました。

20日 昼食・おやつ

水無月御膳と題し、旬の食材を使い、さっぱり食べられる献立を取り入れました。

おやつには紫陽花の花をイメージして作った、あじさいゼリーを提供しました。

一説によると水無月の「無」は名詞と名詞をつなぐ連帯助詞で、「の」という意味になり、6月は田んぼに水を引く事から水無(の)月と呼ばれる様になったそうです。

2017年

5月

08日

こどもの日

 

 

55日はこどもの日。

昭和23年に「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」日となり、男女の別なくお祝いするようになりました。

 

当センターの昼食はこどもの日に因み、お子様ランチ風の献立にしました。

2017年

4月

10日

4月3日 お花見弁当

気象庁によると今年の近畿のさくらは、平年より遅い開花となっているそうです。

武庫川のさくらも少しずつ花開き始めています。

4月に入って気温が高くなってきているので、満開は目の前ですね☆

43日の昼食はお花見弁当に仕上げました。

 

窓を開けて温かな空気を感じながら、お花見気分を味わっていただきました。

0 コメント

2017年

3月

10日

保護者研修会を終えて

 39日に「平成28年度保護者研修会」が行われ、栄養士が講師を務めさせていただきました。

 

 当日は県内様々な施設を利用のご家族約60名に参加していただき、「重症児者への楽しい食事時間を提供するために~私たちができること~」というテーマで、昼食を挟んで約4時間、食事に関する講義や試食を行いました。

 

 午前中は栄養管理や嚥下のこと、当センターの給食についてお話しし、その後当日の昼食と使用している介護用食材の試食を行いました。

 午後からは家庭でできる調理の工夫やとろみの体験、介護用食品や栄養補助食品を試食していただきました。

 

 2年分をまとめた行事食もご紹介し、充実した研修会になったと喜んでいただきました。

0 コメント

2017年

3月

10日

3月3日ひなまつり昼食

 

桜鯛めしとひし餅をイメージしたテリーヌ、菜の花のお浸し、すまし汁、いちごをお出ししました。

桜鯛めしには桜の花びらを飾り、かわいく仕上げました。

菱餅をイメージしたテリーヌは緑色がグリンピース、白がほたて、ピンクが鮭で色を出しました。

おやつには桜プリンをお出ししました。

桜の香りが部屋中に漂い、早く暖かくなって桜が咲かないか待ち遠しくなりました。

 

0 コメント

2017年

2月

17日

2月行事食

3日の昼食は、当センターも節分メニューのちらし寿司、いわしのハンバーグ、味噌汁、いちごババロアです。大昔は節分が1年の終わりの日でした。

邪気を追い払って楽しい年になりますように。

 

 

14日のバレンタインデーには、昼食の主菜「鮭コーンマヨネーズ焼き」の上に、ブロッコリー、カリフラワー、人参を使用し、ハート型に仕上げています。

おやつも利用者みなさんに思いが伝わっていますように。

チョコレートをふんだんに使った、手作りチョコプリンです♪

0 コメント

2017年

1月

10日

2017年おせち料理

新年明けましておめでとうございます。

 

当センターでは2017年元旦の昼食におせち料理をお出ししました。

 

今年も安全・安心な食事提供に努めて参ります。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

今年も安全・安心な食事提供に努めて参ります。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

今年は酉年。ニワトリが告げる朝のように明るい一年でありますように!!

 

0 コメント

2016年

12月

25日

クリスマスランチ

本日のクリスマスランチをご紹介します。

 

 ☆クリスマスツリーのオムライス

 ☆かぼちゃのカップグラタン

 ☆カリフラワーのスープ

 ☆カラフルサラダ

 ☆イチゴのゼリー

 

利用者様は温かな雰囲気の中、素敵なクリスマスを過ごされていました。

0 コメント

2016年

12月

21日

冬至

12月21日は【冬至】でした。

冬至には「ん」のつくものを食べると「運」が呼びこめるといわれています。

 

当センターでは昼食にかぼちゃ(な)のいとこ煮を提供しました。いとこ煮とは、小豆などを煮た煮物料理で各地に伝わる郷土料理の一つです。

材料を煮えにくいものから追々入れていくことから、「おいおい」を「甥甥」すなわちいとこにかけたものが語源の一つとされています。

 

0 コメント

2016年

12月

10日

通所『 つばさ 』クリスマス会

通所『 つばさ 』でクリスマス会を行いました。

 

暖冬のクリスマス会になりましたが、厨房からのクリスマスプレゼントということで皆様の大好きなメニューをお弁当に詰めました。

おやつはバイキング形式でお好きなケーキを召し上がっていただきました。

0 コメント

2016年

12月

02日

クッキング講座

12月2()に地域交流スペースにおいて、当センターの管理栄養士によるクッキング講座を行いました。

今回はクリスマスも近いということで、お家で簡単にできる料理3品ご紹介しました。

 

調理実演の後、試食をしていただきました。

参加者の方々には好評で、「家でやってみたい」という嬉しいお言葉もいただきました。

また同時に栄養相談も行い、在宅での食事の悩みなどもお伺いしました

次回開催の際はこのホームページでお知らせいたしますので、ぜひお越し下さい☆

0 コメント

2016年

11月

16日

人形劇と茶話会

 

 当センターでは、1112日(土)に『人形劇のねこじゃらし』さんによる人形劇と、保護者同士の茶話会が開催されました。

 

 

ソフトクリームや人形劇の前に行われたペーパーシアターでは三角の形があら不思議!

キツネやおいしそうなソフトクリームになりました!

 

 

待ちに待った人形劇ではタヌキさんやフクロウさんが登場!

手作りの人形や小道具・生演奏など、とっても温かみのあるすてきな舞台に参加者の皆さん楽しんでおられました。

 

 

人形劇終了後は簡単ワークショップで紙コップとストローを使った人形『ぶらぶらくん』をみんなで作りました。

参加されたご兄妹の方の作品です。

とってもかわいく出来上がりました!

 

 

 

茶話会では、自己紹介をしながら普段なかなかゆっくりお話できない方もお茶やお菓子を囲んで保護者同士でほっこりゆったりと過ごされました。

ご参加された皆様、そして今回公演をしてくださったねこじゃらし様本当にありがとうございました!これからもいろいろな企画をさせていただきますので楽しみにお待ちくださいね!

 

 

0 コメント

2016年

10月

24日

公開講座「重症心身障害児者・骨折予防講座」のお知らせ

下記の要領で、公開講座「重症心身障害児者・骨折予防講座」を行います。

当センターの骨折予防チームのメンバーが、経験と実績をふまえて講義いたします。

ご関心のある方はお気軽にご参加ください。

 

< 日 程 >

 日時:2016年12月3日(土)14:001530

    (受付 13:30より)

 講師:西宮すなご医療福祉センター 骨折予防チーム

< 会 場 >

 西宮すなご医療福祉センター 1階地域交流スペース

< 参加費 >

 無料

< 定 員 >

 30名

< 対象者 >

 障害児者の保護者など、どなたでもご参加いただけます

 

 申し込み方法  

下のちらしをダウンロードしていただき、申し込み用紙にご記入の上、ファックスしていただくか、電話でお送りください。

 

< 申し込み締切 >

 2016年11月29日(火)

※定員になり次第締め切らせていただきますので、ご了承ください。

< 問合せ先 >

 西宮すなご医療福祉センター 看護課 野添宛

 直通TEL0798-47-4477 FAX0798-43-1022

2016.12公開講座.pdf
PDFファイル 393.5 KB
0 コメント

TEL:0798-47-4477

〒663-8131 

西宮市武庫川町2−9 

 

外来診療の問い合わせは

こちらをご参照ください

 

Recruit!

★重度の障害児者のためにあなたのスキルを生かしてみませんか?

2020年度新卒採用の

応募はこちら↓から

お願いいたします!